HOME  > コンテンツ  > 各種許認可手続き  > 古物商許可申請

古物営業許可申請
               

当行政書士事務所の古物営業許可申請代行サービス(東京都内・神奈川県内のお客様のみ)


古物営業許可申請代行サービスのご案内

古物営業を営むには公安委員会の許可が必要です。

「古物営業」とは、下記の3分類のいずれかにあたる営業のことをいいます。

古物商:古物を自ら又は他人の委託を受けて、売買又は交換する営業
(対象業種例:リサイクルショップ、古本屋、中古車販売、金券ショップなど)

古物市場主:古物商間での古物の売買又は古物の交換のための市場を経営する営業

古物競りあっせん業:古物の売買をしようとする者のあっせんを競りの方法により行う営業
(対象業種例:インターネット・オークションなど)

「古物」とは、以下の物品にあたる物をいいます。
美術品類
衣類
時計・宝飾品類
自動車
自動二輪車及び原動機付自転車
自転車類
写真機類
事務機器類
機械工具類
道具類
皮革・ゴム製品類
書籍
金券類
(注)古銭、地金類は、古物に該当しません。

スムーズに開業準備を進めるためにも、面倒な申請手続きは当行政書士事務所にお任せ下さい。

 

当行政書士事務所の古物営業許可申請代行サービス

新規許可申請
許可申請手数料
当行政書士事務所の報酬額※
合 計
個人
19,000
 
52,500円〜
 
 
71,500円〜
 
法人
 
19,000
63,000円〜
 
82,000円〜

※別途交通費、必要書類取得にかかる手数料をご請求する場合がございます。


当行政書士事務所の許可証書き換え・再交付申請代行サービス

 
許可申請手数料
当行政書士事務所の報酬額※
合 計
許可証の書換え
1,500
 
17,500円〜
 
 
19,000円〜
 
許可証の再交付
 
1,300
17,500円〜
 
18,800円〜

※別途交通費、必要書類取得にかかる手数料をご請求する場合がございます。

                                           会社設立もご希望のお客様はこちら

お電話でのお問い合わせ(平日9:30から18:00)045-900-8000
プリンタ用画面
前
宅地建物取引業免許(宅建免許)申請(東京・神奈川)
カテゴリートップ
各種許認可手続き
次
その他

東京23区 横浜市(横浜)川崎市(川崎)神奈川(神奈川県)エリアの行政書士事務所

法人(株式会社)設立、合同会社(LLC)設立、中小企業新事業活動促進法、相続対策・事業承継対策、建設業許可申請、運送業許可申請、宅地建物取引業免許(宅建免許)申請、古物商許可申請他

Copyright (C) 2008-2010 行政書士 伊東綜合事務所. All Rights Reserved.